July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

33°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウェルター級スター候補エニスあすIBF暫定戦 2試合ぶりKO勝利でアピールなるか

ウェルター級スター候補エニスあすIBF暫定戦 2試合ぶりKO勝利でアピールなるか

2023年7月8日 11時37分

 あす8日(日本時間9日)米アトランティックシティで開催されるPBCイベントの計量が7日行われた。メインのIBFウェルター級暫定タイトルマッチは、王者ジャロン・エニス(米)が145.5ポンド(65.99キロ)、同級2位ロイマン・ビジャ(ベネズエラ)が146.5ポンド(66.4キロ)で合格した。

エニス(左)とビジャ

 ウェルター級スター候補、26歳のエニスはデビューから30連勝27KO1無効試合で評価を上げてきた。29日(日本時間30日)にはエロール・スペンスJrとテレンス・クロフォードによる4団体統一戦が行われる。エニスは前回の試合が久々の判定に終わっているだけに、スカッとした試合でアピールしたいところだ。

 ただしエニスは前日の記者会見で、「私はロイマン・ビジャに集中している。次のことを心配するのはこの試合に勝利してからだ」と目の前の試合を強調。

 一方、コロンビア在住のビジャは26勝24KO1敗との戦績が示すように強打が自慢の30歳。「私は予想は気にしない。土曜日にトップに立つ」と意気込んでいる。Photo by Amanda Westcott/SHOWTIME

Related article
関連記事