July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

35°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > フルトンvs.井上尚弥 生観戦予定の対抗王者タパレス「メッセージ送る」

フルトンvs.井上尚弥 生観戦予定の対抗王者タパレス「メッセージ送る」

2023年7月18日 14時18分

 WBA&IBF世界S・バンタム級チャンピオンのマーロン・タパレス(フィリピン=写真)が25日、有明アリーナで開催されるWBC&WBO同級タイトルマッチ、王者スティーブン・フルトン(米)vs.挑戦者井上尚弥(大橋)を生観戦する。

 タパレスはボクシングシーンの取材に対し、「リングサイドの私を見ることになる2人にメッセージを送りたい。どちらが勝っても次に私を通過しなければならない」と25日の試合の勝者に4団体統一戦を呼びかけた。

 また、タパレスは「私はこの試合を50-50の試合と見ている」と両者の実力が拮抗しているとしながら、「どちらのファイターにも長所と短所がある。それでも最終的には井上が勝つ方法を見つけると思う」とモンスターの勝利を予想した。

 元WBOバンタム級王者のタパレス(31=37勝19KO3敗)は今年4月、ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)と対戦し、下馬評を覆してS・バンタム級2団体統一王者となった。フルトンと井上の勝者との対戦を希望しており、WBAはその場合、4団体統一戦を認めると発表した。

Related article
関連記事