July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Thunderstorm
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ライト級4団体統一王者ヘイニー WBC・S・ライト級王者プログレイスと対戦合意

ライト級4団体統一王者ヘイニー WBC・S・ライト級王者プログレイスと対戦合意

2023年7月29日 15時02分

 ライト級4団体統一王者のデビン・ヘイニー(米=写真)がWBC・S・ライト級王者レジス・プログレイス(米)と対戦に合意したとのニュース。ESPNはこの試合が10月28日にラスベガスで行われると報じた。

 ヘイニーは昨年6月、ジョージ・カンボソスJr(豪)を下して4団体統一に成功。初防衛戦でカンボソスを返り討ちにし、今年5月には元3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を退けてタイトルを防衛した。

 一方、3階級制覇を目指すシャクール・スティーブンソン(米)が4月、吉野修一郎(三迫)を下してWBC挑戦権を獲得。WBCはヘイニーに対し、ライト級にとどまるかS・ライト級に進出するかの回答を求めていたが、ヘイニーはライト級王座を保持したままでプログレイスと対戦することを希望しているという。スティーブンソンはヘイニーが指名試合に応じないならタイトルを空位にするようWBCに要請。WBCの判断が注目される。

 ヘイニーはロマチェンコ戦でトップランクとの契約が終了。ESPNによると、新たにマッチルームボクシングと複数試合契約をかわし、次戦の模様はDAZNで中継される見込みだ。

 S・ライト級王者プログレイスは19年10月、ジョシュ・テイラー(英)との王座統一戦に敗れてプロ初黒星を喫した。昨年11月、ホセ・セペダに勝利してWBC王座に返り咲き、6月に初防衛成功。今春、マッチルームと契約を交わしている。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事