July
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 元3階級王者リナレス 復活目指し10.21リバプールでカテラルと対戦

元3階級王者リナレス 復活目指し10.21リバプールでカテラルと対戦

2023年8月6日 10時55分

 元3階級王者のホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)が10月21日、英リバプールのM&Sバンク・アリーナ(旧エコー・アリーナ)でジャック・カテラル(英)と対戦することになった。主催のマッチルームボクシングが発表した。

 37歳のリナレスは47勝29KO8敗。21年5月、WBCライト級王者デビン・ヘイニー(米)に敗れ、22年はロシアで連敗して現在は3連敗中。かつてアンソニー・クローラ(英)に連勝するなど世界タイトルマッチで3勝している縁起のいいイギリスで勝利し、復活をアピールしたいところだ。

 30歳のカテラルは27勝13KO1敗。22年2月、S・ライト級4団体統一王者ジョシュ・テイラー(英)に挑戦して判定負けしたが、ダウンを奪ったカテラルが勝っていたという声が多く、この試合で一気に名前を上げた。再戦するかしないかで話題を呼んだが、結局、テイラーは元ライト級統一王者テオフィモ・ロペス(米)を選択して敗れ、王座から陥落した。

 カテラルは今後、因縁のテイラーと再戦するプランもあり、ビッグネームのリナレスに勝って勢いをつけようとしている。

Related article
関連記事