July
13
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 尾川堅一が雪辱狙うコルディナが11.4モンテカルロで防衛戦 矢吹正道の標的ノンティンガも競演

尾川堅一が雪辱狙うコルディナが11.4モンテカルロで防衛戦 矢吹正道の標的ノンティンガも競演

2023年9月13日 9時32分

 IBF・S・フェザー級王者ジョー・コルディナ(英)が11月4日、モナコのモンテカルロで同級10位エドワード・バスケス(米)と初防衛戦を行う。主催のマッチルームボクシングが発表した。

 2016年のリオ五輪に出場しているコルディナ(31=16勝9KO)は22年6月、地元ウェールズで尾川堅一(帝拳)をKOして王座奪取。その後、右拳を骨折して戦線離脱、王座をはく奪されながらも今年4月、代わって王者となったシャフカッツ・ラヒモフ(タジキスタン)を下して王座に返り咲いた。

 挑戦者のバスケスは15勝3KO1敗の27歳。これまでビッグネームとの対戦はなく、世界初挑戦を迎える。ランキング5位の尾川はコルディナへのリベンジマッチを希望している。

 また、同じリングにIBF・L・フライ級王者シベナティ・ノンティンガ(南アフリカ)も登場。同級12位アドリアン・クリエル(メキシコ)と防衛戦を行う。ノンティンガ(12勝9KO)はこれが2度目の防衛戦。無名のクリエル(23勝4KO4敗1分)は世界初挑戦。

 IBF・L・フライ級は元WBC王者の矢吹正道(緑)が昨年12月、2位決定戦に勝利して2位。2月に挑戦者決定戦と銘打たれた試合でレジー・スガノブ(フィリピン)が勝利したものの、スガノブは現在7位で1位は空位となっている。

Related article
関連記事