February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > L・フライ級2団体統一王者の寺地拳四朗 4連続KO勝ちに向け「流れを作ることが大事」

L・フライ級2団体統一王者の寺地拳四朗 4連続KO勝ちに向け「流れを作ることが大事」

2023年9月16日 14時43分

 18日有明アリーナで開催される「Prime Video Presents Live Boxing 5」の記者会見が16日、都内のメトロポリタンホテルエドモントンで開催され、出場6選手が試合への意気込みを語った。

寺地(左)とブドラー

 メインのL・フライ級WBA&WBCタイトルマッチで元2階級制覇王者ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)の挑戦を受ける寺地拳四朗(BMB)は減量でややほほがこけたもののリラックスした様子。勝利のポイントを問われると、「相手のペースに乗らず、自分のペースでどんどん攻めていくのがポイントだと思う」と技巧派ブドラー攻略に自信を見せた。

 現在、3連続KO勝ちとすっかりKOへの期待も高まってきた。寺地は「KOは続いているけど、そこまで意識をしていない。流れにこだわっているので、流れを作ることが大事。それが自然にKOにつながると思う」と“自然体”を強調した。

 今後を問われた寺地は「4団体統一、2階級制覇を考えているけどどっちにいくか決まってない。ただ、いい試合、いい勝ち方がそこにつながると思う。まずはここをしっかり勝つことが大事」と話した。

 一方のブドラーはあらゆる質問の答えを最小限にまとめ、「12ラウンド戦う準備をしてきた。試合をみてほしい」と静かに闘志を燃やした。

Related article
関連記事