July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Thunderstorm
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 那須川天心あさって“試される”ボクシング2戦目「進化した姿見せるの楽しみ」

那須川天心あさって“試される”ボクシング2戦目「進化した姿見せるの楽しみ」

2023年9月16日 16時29分

 18日有明アリーナ「Prime Video Presents Live Boxing 5」のセミでメキシコ王者ルイス・グスマンとのS・バンタム級8回戦に挑む那須川天心(帝拳)が16日、都内で開かれた記者会見に出席、試合に向けた意気込みを語った。

那須川(左)とグスマン

「前回の試合から5カ月、この日のために生きてきたと言っても過言ではない」とボクシング・デビュー戦からの日々を振り返った那須川はこの日もサービス精神旺盛。自らの成長ぶりについては次のように語った。

「デビュー戦のときは確認しながらずっとやっていた。言われたことをやっていた感じだけど、いまはそれプラス自分の動きだったり、ステップ、パンチの打ち方、避け方だったり、やっと完成ではないけど自分のスタイルが分かってきたというか、自分自身が分かるようになったと感じている。人は本気を出せば(短期間でも)ここまで成長できるというとこを見せたい」

 この5カ月は練習が楽しくて仕方なく、「学校で授業のつまらない先生のときは時間が長い、楽しい授業はあっという間、そんな感じです」とたとえを挙げて説明。KOへの意識を問われると、「周りの人からそれしか言われないので。そんなに言うんだったらやってやるよ、というノリですね」と語った。

 今回は試合順がセミで、世界タイトルマッチにはさめれる形となった。那須川は「期待されていると同時に試されているとも思うので、やってやりますよ。進化した自分の姿を見せるのが楽しみ」と語った。

 一方のグスマンは「私が彼より上回っているのはプロフェッショナルなボクサーとしての経験。私には引き出しがたくさんある。この経験は勝利につながる要因だ」とボクシング2戦目の選手と格の違いを強調。これを受けて那須川は「経験値はそんなに気にしてないというか、関係ないっしょ」と受け流した。

会見には多くのメディアが詰めかけた
Related article
関連記事