April
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 河野×デンカオセーン発表 3.26後楽園ホール

河野×デンカオセーン発表 3.26後楽園ホール

2014年1月22日 14時31分

 元WBA世界S・フライ級チャンピオン河野公平(ワタナベ)の世界戦が正式に決まった。22日、都内のジムで発表された。現在同級2位の河野は3月26日(水)に後楽園ホールで、同級1位で暫定王者のデンカオセーン・カオウィチット(タイ)との正規王座決定戦に出場する。同王座は前チャンピオンのリボリオ・ソリス(ベネズエラ)が体重超過ではく奪され、空位となっていた。
 
河野×デンカオセーン発表(ボクシングニュース)
早くも闘志をみなぎらせる河野
 
 河野(33)は2012年の大みそかにテーパリット・ゴーキャットジムを4回KOしてWBA世界S・フライ級王座を奪取。3度目の世界挑戦を実らせた。が、昨年5月にソリスに際どい0-2判定で敗れ、防衛に失敗。同年大みそかに再起を果たした。渡辺均会長によると、当初希望していたソリスとの再戦は条件が厳しいため交渉が難航し、そうこうするうちにデンカオセーン戦の可能性が浮上してきたという。
 
 会見で河野は「もともと負ければ辞めるつもりで続けていたが、前回(ソリス)の負けが納得いかなかった」と語り、王座返り咲きのチャンス到来に意欲満々。「3月26日は何が何でも勝ちます」と言葉に力を込めた。
 
 相手のデンカオセーン(37)は坂田健史、亀田大毅らとの試合で来日し、おなじみのベテラン。元WBAフライ級王者だが階級を上げ、昨年9月にタイで名城信男を下して現在の暫定王座を獲得した。62勝26KO3敗1分の右ボクサーファイター。
 
 河野はデンカオセーンの印象を「怖い一発を持っているし、老かいな選手。クリンチワークもうまいが、自分のスタミナがあれば大丈夫だと思う」と語る。担当の高橋智明トレーナーも「デンカオセーンは前半が強いがトシもとっているし、河野がイーブンペースでいければ……」と後半勝負の作戦を明かしていた。
 
 試合はテレビ東京系列でゴールデンタイム生中継される(放送時間は調整中)。
Related article
関連記事