February
28
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

8°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウェルター級サバイバル戦は番狂わせ サンティリャンがロチャをKO フンドラ妹が女子世界王者に

ウェルター級サバイバル戦は番狂わせ サンティリャンがロチャをKO フンドラ妹が女子世界王者に

2023年10月22日 14時11分

 21日(日本時間22日)ロサンゼルス近郊イングルウッドのキア・フォーラムでゴールデンボーイプロモーションズ(GBP)が開催したイベントのメインで行われたWBO傘下NABOウェルター級タイトルマッチは番狂わせ。挑戦者ジオバニ・サンティリャン(米=WBO4位)がWBO1位の王者アレクシス・ロチャ(米)に6回1分13秒KO勝ち。サバイバルマッチを制し世界王座挑戦に前進した。

ロチャを攻めるサンティリャン(左)

 サウスポー同士。名将ロバート・ガルシア・トレーナーにコーチされるサンティリャンが初回、連打を繰り出してリード。早くも鼻血を流したロチャは2回、左右ボディー打ちをねじ込んで挽回に務める。しかし気力充実のサンティリャンは3、4回を押し気味に進めると5回、連打でロチャをキャンバスに送る。

 顔面が血に染まりながらも続行に応じたロチャは再び捕まって2度目のダウン。ここは生き延びたロチャだが6回、また連打に晒されリング中央に崩れる。レイ・コロナ主審は躊躇なく試合を止めた。

 サンディエゴが地元のサンティリャン(31)は32勝17KO無敗。トップランクにプロモートされる。世界挑戦を視野に入れていたロチャ(26)は23勝15KO2敗。

フンドラはトランクスにカタカナで「ガブリエラ」の文字

 同じリングのIBF女子フライ級タイトルマッチは、挑戦者の21歳ガブリエラ・フンドラ(米)がチャンピオンのアレリー・ムシーニョ(メキシコ)に5回1分18秒KO勝ちでベルトを奪取。初回終了間際にボディーで効かせたサウスポーのフンドラがその後も長身とリーチを生かして優勢。5回、左でムシーニョを倒し、またカウントを聞かせると途中でタオルが投入された。

 元WBC・S・ウェルター級暫定王者“タワーリングインフェルノ”ことセバスチャン・フンドラの妹ガブリエラは12勝5KO無敗。ムシーニョ(34)は32勝11KO4敗2分。

 同じくフライ級10回戦は、WBO6位リカルド・サンドバル(米)がビクトル・サンドバル(メキシコ)に97-93×2、96-94の3-0判定勝ちを収めた。Photos by Golden Boy / Cris Esqueda

Related article
関連記事