May
29
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > サウジアラビア対決あと2日 フューリー余裕、ガヌーはタイソン氏セコンドで感動

サウジアラビア対決あと2日 フューリー余裕、ガヌーはタイソン氏セコンドで感動

2023年10月27日 15時07分

 サウジアラビアのリヤドのキングダム・アリーナで28日(日本時間29日)行われるヘビー級10回戦の最終会見が26日開催され、WBCヘビー級王者タイソン・フューリー(米)と総合格闘技UFCの元ヘビー級王者フランシス・ガヌー(カメルーン)が舌戦を繰り広げた。

異色ヘビー級対決をフェイスオフ

 ボクシング試合が初めてのガヌーに対し、絶対有利を予想されるフューリーは「お前をひどくノックアウトしてやる! お前を倒すことを頭に描いている」とぶちまけた。コンビを解消したとも言われたシュガー・ヒル・スチュワード・トレーナーと再び合体。「世界ヘビー級王座は懸けられないけど、彼は私のレベルの高さを思い知るだろう」と圧勝を約束した。

 一方、UFC最高のハードパンチャーと言われるガヌーは「4年前、初めてマイク・タイソンに会った時から私がフューリーと戦う時に彼がコーナーに就いてくれることを希望していた。その夢が叶う。私は夢の中にいる」とレジェンドのサポートを歓迎。そして「彼はフューリーも2本の腕と2本の脚を持っているだけだと勇気づけてくれる。フューリーは間違いなくボクシングのベストだけど彼は土曜日の夜ストップする」とアップセットを目指す。

記者会見にはタイソン氏(右)も出席した

 2人はフェイスオフで額を突き合わせてファイトむき出し。フューリーの共同プロモーター、ボブ・アラム氏(トップランク)、フランク・ウォーレン氏(クインズベリー・プロモーションズ)をはさんでののしり合いをする場面もあった。Photos by Mikey Williams/Top Rank via Getty Images

WBCは特製ベルトを用意した
Related article
関連記事