July
12
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > フューリーvs.ウシク ヘビー級4団体統一戦は来年まで延期

フューリーvs.ウシク ヘビー級4団体統一戦は来年まで延期

2023年11月1日 11時58分

 WBCヘビー級王者タイソン・フューリー(英)と3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)の4団体統一戦は開催が来年まで延びることが確実となった。両者がすでに契約にサインを交わしている一戦は12月23日サウジアラビアのリヤド開催の方向でスケジュールが組まれていた。

フューリー(左)とウシク

 しかし先週土曜日28日、リヤドでフューリーが総合格闘技UFCのフランシス・ガヌー(カメルーン)にダウンを喫して2-1判定勝ちの思わぬ辛勝。フューリー陣営は額にカットを負ったことで今年中の出場は無理と判断。ウシク戦は来年初頭にズレ込むことになった。31日、ESPNドットコムが伝えた。

 ガヌー戦の前から12月23日開催は難しいという見方もあっただけに、薄氷を踏むような勝利を収めたフューリーとすれば既定通りの行動か? ウシクのアレクサンドル・クラシューク・プロモーターは「負傷の証明はあるのだろうか? 契約には日付も明記されている。フューリーはリスクを嫌ったようだ。12月23日に負けるしても1月17日に負けるにしても2月13日に負けるにしても同じじゃないか」と皮肉を込めてコメントしている。

Related article
関連記事