March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 日本フェザー級11位の英がタイ選手をTKO 金澤の試合結果 元世界王者4人衆も集結

日本フェザー級11位の英がタイ選手をTKO 金澤の試合結果 元世界王者4人衆も集結

2023年11月23日 21時33分

 カシミジム主催の興行「拳の嵐」が23日午後から金沢市の石川県産業展示館1号館で開催された。4回戦6組の後、メインカードのフェザー級8回戦では地元期待の日本11位、英(はなぶさ)洸貴(カシミ=写真)が出場し、タイのウォーラポン・ヨーティカに3回2分40秒TKO勝ちを飾っている。

 英(24歳)は3月に渡邊海(ライオンズ) を判定で退け日本ユース王座を初防衛して以来のリング。初回から得意の左ジャブを繰り出して試合の主導権を握った。2回も3回には左のボディーから右ストレートのワンツー攻撃でウォーラボンをダウンさせると、すかさず右を決め手2度目のダウン。最後はワンツーで倒した直後にマーチン主審がストップをコールして試合が終了した。

 勝った英はこれが12勝目(4KO2敗4分)。敗れたウォーラポンは6勝5KO3敗となった。 

 この日の興行では、アトラクションとして最近ユーチューブでもおなじみの元世界王者、渡嘉敷勝男・竹原慎二・畑山隆則の3人にもうひとり畑中清詞も加わり「チャンピオン四人衆トークショー」が行われ、場内を盛り上げていた。

Related article
関連記事