July
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

34°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 中谷潤人がゴルフ場で合宿 1日で25キロ走破 次戦は統一戦以外ならバンタム級転向濃厚 

中谷潤人がゴルフ場で合宿 1日で25キロ走破 次戦は統一戦以外ならバンタム級転向濃厚 

2023年11月24日 8時06分

 WBO世界S・フライ級チャンピオンの中谷潤人(М.T)が23日、神奈川県相模原市内のゴルフ場で走り込み合宿に入った。ジムの4人の同僚とともに2泊3日の予定で毎日約25キロを走り込む。次戦に向けて本格始動するために「いいイメージで実戦練習に入れるように、しっかり土台を作っていきたい」と中谷は今回の合宿練習の抱負を語った。

 このキャンプ地(相模湖カントリークラブ)でのトレーニングは今回が4回目と言い、「道路を走るのと芝の上を走るのは全然違う」と、中谷は感触を確かめるようにアップダウンの激しいコースを駆け回っていた。

 次戦は来年2月頃を想定しているというが、S・フライ級で他団体王者との統一戦になるのか、それともバンタム級に上げて3階級制覇を狙うのか、現時点では未定だ。

 身長172センチと軽量級ではズバ抜けた長身の中谷は当然減量がきつく、最初に獲得したフライ級王座も試合に負けることなく返上してS・フライ級に転向している。この日の時点で体重は62キロ近くあると中谷は明かしたが、今後もS・フライ級のリミット(52.16キロ)を維持できるのか。

「気持ちが作れれば落とせるが、パフォーマンスにも影響するので、ギリギリのところです」という話しぶりから、統一戦実現の困難さを思い知らされ、気持ちはバンタム級転向に傾いているようにも思われる。

 村野健М.Tジム会長は「統一戦以外では、バンタム級の可能性が高い」と示唆している。中谷が現在保持するタイトルの防衛戦のために体重を落とすことはなさそうである。

Related article
関連記事