May
24
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 4.14小原がカバルキント、戸部は江藤大と決定戦

4.14小原がカバルキント、戸部は江藤大と決定戦

2014年1月29日 17時41分

小原がカバルキントと東洋決定戦(ボクシングニュース)
小原佳太

 前日本S・ライト級王者の小原佳太(三迫)が4月14日、東洋太平洋同級2位アドネス・カバルキント(フィリピン)と同王座を争うことになった。日本S・フライ級1位戸部洋平(三迫)と5位江藤大喜(白井・具志堅S)による日本同級王座決定戦も同日行われる。

戸部洋平

 小原は昨年に日本タイトルを獲得し、圧倒的な強さを見せつけて2度の防衛に成功。12月にタイトルを返上して東洋へのアタックに備えていた。カバルキントは15勝8KO無敗の戦績を誇る25歳のサウスポー。タイトルは前王者キム・ミヌク(韓国)の返上で空位となっている。

 日本S・フライ級は、戸部が昨年の最強後楽園を勝ち抜いて帝里木下(千里馬神戸)への挑戦権を得たが、帝里が世界挑戦の準備に専念するため王座を返上。江藤にチャンスが巡ってきた。

江藤大喜

 25歳の江藤は12年12月に東洋太平洋同級王座決定戦に出場して現王者アーサー・ビラヌエバ(フィリピン)から2度ダウンを奪いながらも小差の判定で涙。今回が2度目のタイトルアタックとなる。ここまでの戦績は12勝9KO2敗。

 拓大出身でアマ経験豊富な戸部は7勝4KO1敗1分の26歳。こちらも12年8月、プロ5戦目で東洋太平洋同級王者の赤穂亮(横浜光)に挑み8回TKOで敗れた。満を持しての2度目のタイトル挑戦だ。

Related article
関連記事