June
19
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ブローナー×リーズ 土曜日対決

ブローナー×リーズ 土曜日対決

2013年2月13日 15時42分

 

 今週土曜日16日、米アトランティックシティのボードウォーク・ホールで挙行されるWBC世界ライト級タイトルマッチの最終記者会見が12日(日本時間13日)ニューヨークで行われ、王者エイドリアン・ブローナー(米)、挑戦者ギャビン・リーズ(英)が対決への抱負を口にした。

ブロナー

ブロナー「今年は私にとって興味津々な年になるだろう。でもこのファイトを軽視しているわけではない。私は誰とでもやれる準備をしている。おそらく私は154(S・ウェルター級)まで制覇できるだろう。私はできると信じている。試合ではメガネをかけてくれ。私が輝いて見えるだろうから。グッドナイト!」

リーズ

リーズ「彼は何を達成した? アメリカのボクシングファンは彼を嫌っている。だから彼をやっつけて口を封じてほしいと私に願っている。彼は理由もなく馬鹿げた行動をとっていると思う。そして誰もがそれを嫌がっている。彼のキャリアの半数の相手は彼に自由にされるままだった。私はそうはさせない」

 当初同じリングで予定されたセス・ミッチェル(米)×ジョナサン・バンクス(米)のヘビー級リマッチはバンクスが練習中に負傷したためキャンセル。代わってニコラ・スリェクロカ(モンテネグロ)×サキオ・ビカ(カメルーン=豪州)によるWBC世界S・ミドル級挑戦者決定戦がセミ格で行われる。

Related article
関連記事