March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ジョナスがメイヤーの猛進振り切る 2-1判定でIBF女子ウェルター級V1

ジョナスがメイヤーの猛進振り切る 2-1判定でIBF女子ウェルター級V1

2024年1月21日 10時12分

 20日(日本時間21日)英国リバプールのM&Sバンク・アリーナで行われた女子IBFウェルター級タイトルマッチは、チャンピオンのナターシャ・ジョナス(英)が挑戦者ミカエラ・メイヤー(米)に2-1判定勝ち。昨年7月に決定戦で獲得した王座の初防衛に成功した。

ジョナス(左)が王座を守った

 試合はサウスポーのジョナスがアグレッシブに前進を繰り返すメイヤーを迎え撃つ展開でラウンドを重ねた。プロ21戦目のメイヤーはサウスポーと初めての対戦となったが、断続的に右を決めて押し気味に進めるような印象。ジョナスは5回、ボディー打ち、左ストレートで巻き返しを図る。

 しかしメイヤーは無骨とも思える戦法で肉迫。ジョナスを自由にさせない。7回を抑えたチャンピオンに、メイヤーは8、9回、手数で攻め立てる。最終10回、右を口火に左右連打でジョナスをロープへ詰めたメイヤーがベルトに手が届いたようにも見えた。

 だが公式スコアは一人が97-93でメイヤーを支持したものの、他の2者は96-94、96-95でジョナス。地元のジョナスが勝利アナウンスを受けた。ジョナス(39)は15勝9KO2敗1分。元S・フェザー級チャンピオンで3階級越えで2階級制覇を目指したメイヤー(33)は19勝5KO2敗。

 セミ格の英国&英連邦S・ミドル級タイトルマッチは、王者ジャック・カレン(英=IBF14位)が挑戦者ザック・チェーリ(英)に3-0判定負けで王者交代。スコアは116-113、116-112、115-114でチェーリが戴冠した。Photos by Lawrence Lustig/BOXXE

Related article
関連記事