March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > recommend > 訃報 元日本&東洋バンタム級王者 小室恵市さん逝く 93歳

訃報 元日本&東洋バンタム級王者 小室恵市さん逝く 93歳

2024年1月24日 21時36分

 昭和のチャンピオン逝く――。元日本&東洋バンタム級チャンピオンの小室恵市さん(写真)が昨年12月16日に亡くなっていたことが分かった。遺族が明らかにしたもので、享年93歳だった。

 小室さんは東京都出身。終戦6年後の1951年に青木ジムからデビューし、56年までの約5年間リングに上がった。日本初の世界王者白井義男が活躍した同時期に当たり、オーソドックスの技巧派ボクサーとして人気があった。

 54年1月の日本バンタム級王座初挑戦では堀口宏(不二)に判定負けし失敗したが、同年9月空位の日本王座を佐々木民雄(野口)と争い、10回判定勝ちして初のベルト奪取。翌55年は年間6度、すべてタイトル戦のリングに上がり、4月に大塚昌和(オール)に敗れ無冠となるも、2カ月後の再戦で判定勝し奪還。12月には日本チャンピオンのままマニラに渡り、タイのサノンETBに6回TKO勝ちして発足して間もないOBF(現OPBFの前身)東洋バンタム級チャンピオンになっている。

 この王座は翌56年3月、白井義男に勝ったこともある名選手レオ・エスピノサ(比国)に12回判定負けを喫して失った。2ヵ月後の再戦も判定負けし奪還ならず。この年に引退するまで、28勝6KO7敗2分のレコードを残している。

引退後は東京・中野で寿司店「恵ちゃん寿司」を営んでいた。矢尾板貞雄ら親しい元選手同士の付き合いも長く続け、数年前まで後楽園ホールにもよく足を運んでいた。9月に体調を崩して入院し、最後は眠るように息を引き取ったという。

Related article
関連記事