March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 六島ジム勢が宮崎合宿 IBFバンタム級世界戦興行権落札の西田凌佑も参加

六島ジム勢が宮崎合宿 IBFバンタム級世界戦興行権落札の西田凌佑も参加

2024年2月2日 9時28分

 IBFバンタム級1位の西田凌佑ら六島ジム勢が1月31日から2月2日にかけて宮崎県ひなた宮崎総合運動公園で朝夕2部の走り込み合宿を実施した。

六島ジムの宮崎合宿

 参加メンバーは西田のほか、日本&WBOアジアパシフィック・ミドル級王者の国本陸、日本S・フライ級1位の古谷昭男、日本S・バンタム級1位のデカナルド闘凛生、日本L・フライ級7位の井上彪、日本フェザー級13位の山崎海斗。

 西田は1月30日、亀田プロモーションが王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との世界タイトルマッチの興行権を30万10ドル(約4200万円)で落札。日本で亀田プロモーション主催の世界タイトル挑戦が濃厚となった。

 国本は3月31日、名古屋国際会議場で可兒栄樹(T&T)との防衛戦が決まっている。この試合はマッチルームボクシング主催の「プライズファイター」ミドル級トーナメント準々決勝の1試合で、トーナメントの優勝賞金は100万ドル(約1億4000万円)だ。

 古谷と闘凛生はチャンピオンカーニバルに出場。古谷は4月、後楽園ホールで王者の高山涼深(ワタナベ)に、闘凛生は王者の下町俊貴(グリーンツダ)に挑戦する(日時未定)。写真=六島ジム提供

Related article
関連記事