February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

6°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ヘビー級王者フューリーが今後のプラン予告「引退はしない。あと5戦する」

ヘビー級王者フューリーが今後のプラン予告「引退はしない。あと5戦する」

2024年2月11日 10時35分

 ヘビー級3団体統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)との4団体統一戦が延期となったWBC王者タイソン・フューリー(英=写真)が今後のプランに言及。少なくとも5試合を頭に思い描いていると明かした。

 フューリーは今月17日、サウジアラビアで予定されていたウシクとの4団体統一戦を自らの目のカットで延期に。新たな日程は5月18日、同じサウジアラビアに決定した。そのWBC王者が落ち込む様子もなく、SNSで元気に今後のプランを語っている。

 これまで何度も引退宣言、撤回を繰り返してきたフュリーは「私は引退しない。ウシクと比類なき王者をかけて2試合戦う」とリマッチを含めてウシクと拳を交えると宣言。さらに「そしてAJ(アンソニー・ジョシュア)と少なくとも1回戦う。もし彼が再戦を望むならチャンスを与える。その次はガヌーと戦う」と語った。

 ジョシュアとの英国史上最大のヘビー級対決は何度も取り沙汰されながら日の目を見ないビッグマッチ。フューリーはジョシュア戦の勝利は当然で、1戦目に“敗れた”ジョシュアが再戦を望むならそれに応じるとした。

 総合格闘技出身のフランシス・ガヌー(カメルーン)は昨年、ボクシング1戦目でフューリーからダウンを奪って判定負け。善戦を許したフューリーとしては“リベンジ”が必要ということだろう。

 フューリーは「みんなの食欲を刺激する5つのファイトがある。私はどこにも行かない。私は35歳で人生の盛りにある」と絶好調。はたしてプラン通りにいくかは不明だが、フューリーが元気なのはヘビー級戦線にとって幸運だ。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事