April
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > recommend > 6年連続7度目MVPの井上尚弥「引退するまで勝ち続けたい」 偉業を語る

6年連続7度目MVPの井上尚弥「引退するまで勝ち続けたい」 偉業を語る

2024年2月19日 18時39分

 19日に催された年間表彰式で、自身の史上最多記録を更新する6年連続7度目のMVPを受賞した井上尚弥(大橋)は「振り返ると自分でもすごいなと思うぐらいの年月」と、あらためて偉業について感想を述べた。

MVP「V7」の井上

 昨年は2試合連続KO勝ちでS・バンタム級全王座をまとめ、チャンピオン井上は「結果的に100点」と納得の表情。「引退するまで勝ち続けたい」と、すべてのボクサーの理想ともいえる目標を掲げた。

 井上の次戦を巡っては5月6日に東京ドームでルイス・ネリ戦とのムード一色。この日は大橋秀行会長も「きっちり発表できると思う」と明らかにした。そしてチャンピオンも「準備しています。そこをしっかりクリアして、9月、12月と3試合できたらいいと思う」とその気満々である。

 「(3試合は)圧倒的な差をつけて勝つ」とも語った井上。「7年(MVPを)勝ち続けているということは、やってきていることが形になっているということ」。今後もモンスターに大いに期待できそうだ。

Related article
関連記事