July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 2月のMVPは日本フェザー級王者の松本圭佑、永田大士が敢闘賞、新鋭賞は渡来美響

2月のMVPは日本フェザー級王者の松本圭佑、永田大士が敢闘賞、新鋭賞は渡来美響

2024年3月6日 13時58分

 東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は6日、2月の月間三賞を発表した。最優秀選手賞には日本フェザー級王座を防衛した松本圭佑(大橋)が選ばれた。

月刊MVPの松本(右)

 松本は22日、指名挑戦者の前田稔輝(グリーンツダ)と対戦し、持ち前のスピードと試合運びのうまさでサウスポーの前田を封じた。最終回にダウンしたものの96-92×3で判定勝ち、2度目の防衛に成功した。

敢闘賞の永田(左)

 敢闘賞には永田大士(三迫)が選ばれた。東洋太平洋S・ライト級王者の永田はWBOアジアパシフィック同級王者の井上浩樹(大橋)との2冠戦に臨み、2-0判定で競り勝って2本のベルトを統一した。

 新鋭賞に選ばれた日本S・ライト級5位の渡来美響(三迫)はフィリピン同級1位のアリ・カネガと対戦。攻撃的なボクシングで4回TKO勝ちを収めた試合が評価された。

Related article
関連記事