April
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 中学生男女「春の王者」決定 全日本UJフレッシュボクシング大会

中学生男女「春の王者」決定 全日本UJフレッシュボクシング大会

2024年3月31日 23時10分

 第3回全日本UJフレッシュボクシング大会最終日は31日、岡山県玉野市総合体育館で開かれ、中学生男女の決勝21試合が行われた。

女子39キロ級を制した山田㊧

 女子は39キロ級で山田天(九州・日章学園)が力強いパンチを放って、初優勝。42キロ級、柿沼心乃(関東・安中市立第一)、48キロ級、飯尾陽菜(四国・新居浜北)と51キロ級、伊藤姫夏(北海道・千歳ジム)が連覇を飾った。昨年伊藤に惜敗した河野さら(北信越・坂井)は54キロ級でパワーを発揮して春の王座に就いた。

 男子は年々技術が向上、競り合う試合が続いた。36キロ級は三重県から大阪に通って練習する西山大翔(大阪・Rボクシングクラブ)が連打で競り勝った。39キロ級は梶田錬真(四国・三津浜)が連覇を達成、同じ松山市の矢野ジムで練習を積む42キロ級、中川優馬(四国・余戸)も優勝した。

男子48キロ級の森下㊨

 45キロ級は長谷川煌空(京都・モリシタジム)が連覇を達成。48キロ級は同じモリシタジムの森下健太が高校選抜で優秀選手賞を獲得した片岡雷斗(習志野)の弟未来(関東・臼井)にダウンを奪うなど快勝してUJ初タイトルを手にした。51キロ級、北村龍生(九州・日章学園)、60キロ級、本庄国光(関東・岡村)が連覇を達成。57キロ級、作野剣信(中国・後藤ヶ丘)、64キロ級、井上恵吾(大阪・KWORLD3ジム)も強打を発揮して優勝した。

優勝者は以下の通り。
◇女子
36キロ級 鷹木優花(東北・南郷)=認定
39キロ級 山田天(九州・日章学園)
42キロ級 柿沼心乃(関東・安中市立第一)
45キロ級 畠山結衣(関西・K‘sジム)
48キロ級 飯尾陽菜(四国・新居浜北)
51キロ級 伊藤姫夏(北海道・千歳ジム)
54キロ級 河野さら(北信越・坂井)
64キロ級 小林紅葉(東海・八風)=認定
     大石真綾(九州・佐々)=認定

◇男子
33キロ級  遠藤永羽(東北・一箕)
36キロ級  西山大翔(大阪・Rボクシングクラブ)
39キロ級  梶田錬真(四国・三津浜)
42キロ級  中川優馬(四国・余戸)
45キロ級A 長谷川煌空(京都・モリシタジム)
45キロ級B 高橋豪輝(中国・TAKASAKI GYM)
48 キロ級  森下健太(京都・モリシタジム)
51キロ級A 城座大琉(北海道・北ガスアリーナ札幌UPC) 
51キロ級B 北村龍生(九州・日章学園)
54キロ級A 中山幸亮(関東・高柳)
54キロ級B 平岡大樹(東海・岐阜大教育学部付属)
57キロ級  作野剣信(中国・後藤ヶ丘)
60キロ級  本庄国光(関東・岡村)
64キロ級  井上恵吾(大阪・KWORLD3ジム)
68キロ級  齋藤多煌(東北・中郷)
72キロ級  志賀龍希(九州・下益城城南)=認定

Related article
関連記事