June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > recommend > すみだボクシング祭り2024盛り上がる プロアマのトップ選手がゲスト参加

すみだボクシング祭り2024盛り上がる プロアマのトップ選手がゲスト参加

2024年5月19日 0時37分

 18日、東京・錦糸町のひがしんアリーナ(墨田区総合体育館)では「すみだボクシング祭り2024」が催された。4年目となる今年は非公式ながら4000人を超す来場者があった。

寺地㊨とグッシーの新旧L・フライ級王者はトークショー

 L・フライ級統一王者の寺地拳四朗(BMB)を筆頭に現役トップ選手と元世界王者の具志堅用高、畑山隆則、八重樫東各氏、パリ五輪出場の岡澤セオン、原田周大(ともにリモート)らが参加。ミット打ちや写真撮影、トークショーでファンと触れ合った。アマチュアの駒澤大、日本大のボクシング部員もミット打ち体験をサポートした。

 また同時にセミアリーナではオール4回戦興行が開催され、こちらは計量失格などの理由で3試合がキャンセルとなったものの、計11試合が行われた。

ミットを持った三代㊧と栗原の両王者。写真撮影も長蛇の列だった

 この日参加したゲストは次の通り(順不同、敬称略)。八重樫東、武居由樹、堤聖也、鈴木雅弘、飯村樹輝弥、佐々木尽、丸田陽七太、重岡銀次朗、富施郁哉、谷口将隆、高山涼深、尾川堅一、村田昴、高見亨介、岩田翔吉、増田陸、寺地拳四朗、栗原慶太、三代大訓、吉野修一郎、晝田瑞希、八重樫東、畑山隆則、具志堅用高、岡澤セオン、原田周大

Related article
関連記事