July
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 大橋会長と古川会長が“孝行息子”井上尚弥&武居由樹のベルト写真公開

大橋会長と古川会長が“孝行息子”井上尚弥&武居由樹のベルト写真公開

2024年5月19日 23時07分

 大橋ジムの大橋秀行会長とキックボクシングジム、パワーオブドリームの古川誠一会長が、WBCダイヤモンドベルトとWBOベルトを肩に掛けたツーショット写真を公開した。

大橋会長(左)と古川会長

 6日に開催された東京ドーム興行で、S・バンタム級4団体統一王者の井上尚弥(大橋)はルイス・ネリ(メキシコ)を下して防衛成功。試合後のリング上で、WBCから贈られたダイヤモンドベルトを大橋会長にプレゼントした。

 同じイベントのセミでは、キックボクシング出身の武居由樹(大橋)がWBOバンタム級王者ジェーソン・モロニー(オーストラリア)を下してチャンピオンとなった。

 武居はキックボクサー時代、古川会長の自宅でともに生活しながらキックボクシングK-1のチャンピオンになった。ボクシング転向にあたっては、人生の師とも言える古川会長が大橋会長に武居を託した経緯がある。

 大橋会長は「古川会長と最高な幸せのひとときです!」とのコメントを発表した。写真提供=大橋ジム

Related article
関連記事