July
18
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 波田大和が東洋太平洋S・フェザー級新王者に 強打炸裂で坂晃典に3回TKO勝ち

波田大和が東洋太平洋S・フェザー級新王者に 強打炸裂で坂晃典に3回TKO勝ち

2024年6月1日 20時59分

 東洋太平洋S・フェザー級タイトルマッチが1日、後楽園ホール「WHO’s NEXT DYNAMIC GLOVE ON U-NEXT Vol.17」のメインで行われ、挑戦者2位の波田大和(帝拳)がチャンピオンの坂晃典(仲里)に3回2分32秒TKO勝ち。新チャンピオンに輝いた。

ストップ寸前の波田㊧の猛攻シーン

 元日本フェザー級、S・フェザー級王者の坂は2月、鯉渕健(横浜光)との決定戦を制して王座を獲得。波田は22年10月、のちの日本王者、原優奈(真正)との挑戦者決定戦に敗れてから2連勝。ともにKO率の高い強打者対決が実現した。

 坂がジワジワとプレスをかけ、サウスポーの波田がこれを迎え撃った。1分半過ぎ、波田の左で坂の頭が跳ね上がる、右フックも決まったが、坂は動じない。上体でリズムをとりながら前に出て、波田のボディを狙っていった。

 波田は坂のプレスをフットワークでしのぎながら、左ストレート、右フックを当てて試合を進めた。3回、坂が攻勢に出たところで、波田の右フックが炸裂、坂がフラフラとなり、ダウンが宣告された。再開後、坂のダメージは深く、波田が畳みかけたところで主審が坂を救った。

 大相撲の元小結、旭道山を伯父に持ち、父親が行司の波田は15勝14KO2敗。坂は23勝20KO8敗。

Related article
関連記事