July
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

34°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > IBFバンタム級新王者の西田凌佑が練習再開 初防衛に向け61キロ維持が目標

IBFバンタム級新王者の西田凌佑が練習再開 初防衛に向け61キロ維持が目標

2024年6月6日 21時32分

 IBF世界バンタム級新王者、西田凌佑(27=六島)が6日、練習を再開した。シャドー3ラウンド、ミット打ち3ラウンド、サンドバッグ打ち1ラウンドとごく軽いメニューだったが、「時期は決まっていませんが、防衛戦に向けて攻撃、防御のレベルアップを図り、引き出しを増やしたい」と意欲にあふれていた。

練習を再開した西田

 5月4日にチャンピオンになってすぐにあいさつ回りに行きたかった。しかし、新しいチャンピオンベルトが届かなかったため、元女子アマボクシング日本王者の妻沙捺さん(26)と2人で新婚旅行代わりの2泊3日の韓国旅行に続き、沙捺さんの実家がある静岡県を訪れた。

「当分ボクシングは忘れたい」と試合後には話していたが、沙捺さんが浜松工高時代練習していたジムを訪問すると、サンドバッグを打ち込んだという。

 減量が厳しかったバンタム級だが、当分は続けていく。「タイトル戦前は体重65キロだったが、今回は63キロ。妻の協力で食生活を見直し、フライものはやめている。いまは61キロを維持するのが目標です」。

 これからはあいさつ回りが目白押し。5日はジムの近くのヨドコウ桜スタジアムで行われたサッカー、YBCルヴァンカップのセレッソ大阪-FC町田ゼルビア戦のハーフタイムでピッチに立ち、森島寛晃セレッソ大阪社長から世界戦勝利を祝福して花束を贈られ、サポーターから拍手を受けた。17日は母校・近畿大学に勝利報告、さらには大阪府庁訪問も控えている。

Related article
関連記事