July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

29°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 西田凌佑に続けがテーマ 六島ジム8.4興行に山﨑海斗、デカナルド闘凛生、韓亮昊が出陣

西田凌佑に続けがテーマ 六島ジム8.4興行に山﨑海斗、デカナルド闘凛生、韓亮昊が出陣

2024年6月10日 22時44分

 六島ジムは10日、8月4日に大阪市住吉区民センターで開催する自主興行「コスメフェリーチェ株式会社PRESENT You will be the Champion20」の試合概要を発表した。

左からデカナルド、山﨑、韓

 メインの56キロ88回戦は、OPBFフェザー級10位、日本同級11位、の山﨑海斗(六島)が日本S・バンタム級8位、高橋利之(KG大和)と対戦。セミの55キロ8回戦は、日本S・バンタム級5位、デカナルド闘凜生(六島)が昨年の全日本S・バンタム級新人王、武藤涼太(松田)と再起戦。S・フライ級8回戦は、韓亮昊(六島)がプロ2戦目でキャリア52戦のOPBF同級13位ジャカラーウット・マジュガン(タイ)相手に一気にランキング入りを狙う。

 六島ジムは5月に近大出身の西田凌佑がプロ9戦目でIBF世界バンタム級王者に就いたことが大きな刺激になって、タイトル戦目指して大学出身選手が燃えている。初のメインイベンターを任された大阪商大出身の山﨑は「しっかり倒して勝って、タイトル戦に早くからめるように成長します」とパワー全開を約束した。

 大阪商大の3年先輩のデカナルドは日本S・バンタム級王者、下町俊貴(グリーンツダ)に挑戦するも敗れて以来の再起戦。「1階級下げてバンタム級でタイトルに挑戦していきます」。5月30日に保育士だった綾葉さん(27)と結婚、妻の主導で食生活も見直して肉体改造に取り組んでいるそうだ。

 東京農大主将だった韓は「いまはフィジカルを鍛えて体が大きくなってきた。相手は比嘉大吾選手とも戦ったことがあるキャリア十分の選手だが、しっかり勝ってランキングを手に入れたい」と抱負を語った。

 アンダーカードのS・フェザー級8回戦で大阪商大で山﨑の1年後輩の山原武人(泉北)が原口秀司(リングサイドフィットネス)と1年ぶりの復帰戦を行う。

Related article
関連記事