2014年2月15日土曜日

大橋ジム創立20周年を祝う

 大橋ジム(大橋秀行会長)の創立20周年を祝うパーティーが15日午後、地元横浜市内のホテルで盛大に開催された。

大橋ジム創立20周年パーティー

元世界王者多数が駆け付け乾杯

 大橋会長(50)は元世界チャンピオンにして現日本プロボクシング協会会長という要職を務める業界きってのVIP。それだけに、折しも大雪で交通網に大混乱をきたしたにもかかわらず、約500名がお祝いに駆け付けた。この中には、日本ボクシングコミッション林有厚コミッショナー、一般財団法人日本ボクシング連盟(旧アマチュア連盟)の山根明会長らプロ&アマの組織の長、ガッツ石松さんや内山高志ら新旧世界チャンピオンの姿も多数みられた。

 この20年間に大橋ジムから誕生した世界王者3人──川嶋勝重と現役の八重樫東、宮尾綾香──をはじめ、新旧の看板選手たちもにぎやかに檀上に上がり挨拶。4月6日のダブル世界戦に出場する八重樫と挑戦者井上尚弥が紹介され、2人は改めて必勝コメントを披露した。大橋会長はジムを隆盛に導いてくれたすべての協力者たちへの感謝を述べ「これからももっとチャンピオンを育てる」と意気込みを披露していた。