July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 田川辛勝、ランク死守

田川辛勝、ランク死守

2012年12月2日 22時42分

 9月ランク2位の谷口浩嗣を倒して日本S・フェザー級5位にジャンプアップした田川智久(KG大和)のランカー初戦は冷や汗モノの辛勝だった。

 


 
 
 12月2日新宿フェイスで行なわれた名雪貴久(船橋ドラゴン)との8回戦は、慎重な立ち上がりの田川に対して名雪が先行。田川は手数が少なく得意のロングからのワンツーがなかなか機能しない。4回には名雪に右から左フックと許してダウンを奪われた。リードを許した日本4位はパワーファイトに切り替え。左フックのボディーブローを軸に重厚な前進を見せる。しかしスピード、パンチのつなぎで上回る名雪も右ストレートを打ち込んで譲らず試合は打撃戦に。体力で押し込む田川は被弾も少なくなく、スコアに委ねられた判定は下克上の可能性もあったが、77-76.76-75.76-77と割れて田川を支持した。
 またセミ8回戦は中野敬太(KG大和)がフィジカルに長けた石川雄策(角海老宝石)をクレバーなボクシングで封じ、ダウンを奪って判定勝ちした。
 
Related article
関連記事