日本語

Home > ニュース > ウォーターズがダルチニアンと防衛戦、ドネアの前座
ニュース

2014年4月10日 木曜日

ウォーターズがダルチニアンと防衛戦、ドネアの前座

ウォーターズ(左)とダルチニアン

 WBA世界フェザー級“レギュラー”王者ニコラス・ウォーターズ(ジャマイカ)が5月31日マカオで、元王者ビック・ダルチニアン(豪州)を相手に2度目のタイトル防衛戦を行う。当日のメインは王者シンピウェ・ベチェカ(南アフリカ)vs挑戦者ノニト・ドネア(フィリピン)によるWBA世界フェザー級“スーパー”王座戦。今では珍しくなくなったが、WBAの同じ階級のベルトが同じリングで争われることになる。

 ウォーターズは同日、ランク14位のアレハンドロ・ペレス(メキシコ=米)を挑戦者に迎える予定だった。しかしペレスが3月29日、伏兵フアン・カルロス・マルティネス(メキシコ)に不覚の判定負けで脱落。彼の陣営によると、挑戦者にはオレグ・イェフィモビッチ(ウクライナ)、細野悟(大橋)の名が主催のトップランク社から通達されていたが、世界的に知名度があるダルチニアンに落ち着いたという。ダルチニアンは昨年11月ドネアのカムバック戦の相手を務め、9回TKO負けして以来のリングになる。

Related

関連記事