May
28
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Mist
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 新刊本紹介 浪速のロッキーを〈捨てた〉男

新刊本紹介 浪速のロッキーを〈捨てた〉男

2014年4月28日 17時07分

 グリーンツダジムの名物会長、津田博明氏(故人)の人生を描いたノンフィクション「浪速のロッキーを〈捨てた〉男」が4月30日、KADOKAWA(角川書店)より発売される。

 本書は大阪・西成の地で裸一貫から出発した津田氏が主人公。津田氏は井岡弘樹を世界王者に育て、国内初の日本人ボクサーによるダブル世界戦を挙行し、晩年には亀田興毅を売り出すなど、2007年に他界するまで稀代のプロモーターとして活躍した。

 著者は関西で長くボクシングを取材する実力派ライターの浅沢英氏。18年の歳月を費やした渾身のノンフィクションは、タイトルにあるように、津田氏が世に送り出した“浪速のロッキー”こと赤井英和と津田氏の物語など、ボクシングの世界を華やかな舞台の裏側から描いている。

Related article
関連記事