July
13
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ロッキー・マルティネス僅差で王座奪回

ロッキー・マルティネス僅差で王座奪回

2012年9月18日 13時13分

 エイドリアン・ブロナーの王座はく奪による空位のWBO世界J・ライト級王座決定戦が15日、ラスベガスのマルティネス-チャベスJr戦のリングで挙行され、以前このタイトルを保持したローマン“ロッキー”マルティネス(プエルトリコ)がランク6位ミゲール・ベルトランJr(メキシコ)との接戦を製し、ベルトを取り戻した。
 終始両者はぺース争いとパンチ交換に身を投じた。全体的に一撃の威力でラウンドを取ったのがベルトラン、コツコツと連打でラウンドを抑えたのがマルティネス。勝利の女神はプルトリカンに微笑み、ジャッジ一人が116-111でメキシカンを支持したものの、他の2人は114-113でマルティネス。 2-1勝利で2年ぶりにベルトを奪回した。ベルトランは11ラウンドに喫した減点(ラビットパンチ)が痛かった。(三浦勝夫)

Related article
関連記事