July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 天笠はマクサイサイとV2戦、6.24ガッツ

天笠はマクサイサイとV2戦、6.24ガッツ

2014年6月2日 18時13分

天笠がタイ人選手と東洋太平洋V2戦(ボクシングニュース) 6月24日後楽園ホールの「第369回ガッツファイティング」で、OPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオン天笠尚(山上)が同級12位マクサイサイ・シットサイトーン(タイ)と2度目の防衛戦を行うことが決まった

 記録サイト「ボックスレック」によるとマクサイサイは14勝3KO4敗の35歳。12年から13年にかけて4連敗を喫しているが、そのうち2敗は3団体で世界ランク入りしているジョエル・ブランカ―(豪)、元世界ランカーのジュン・ドリゲス(フィリピン)といった強豪が相手。現在は2連勝中だ。

 やや不気味な印象もある挑戦者だが、メジャー4団体で世界ランク入りしている天笠にとっては、実力差をしっかり見せつけたいところ。世界挑戦を大きくアピールできるかに注目だ。

 前座には協栄の日本ランカーが3人登場。セミにS・バンタム級12位の瀬藤幹人、S・フライ級9位の白石豊土、S・フェザー級15位の三瓶数馬がそれぞれ国内選手と対戦。注目のモデルボクサー高野人母美はOPBF女子S・フライ級2位のカイ・ジョンソン(竹原&畑山)と対戦する。

Related article
関連記事