日本語

Home > ニュース > クイリン防衛戦、新興プロモート会社が落札
ニュース

2014年8月20日 水曜日

クイリン防衛戦、新興プロモート会社が落札

クイリン防衛戦を新興プロモート会社が落札(ボクシングニュース)
クイリン
 WBO世界ミドル級王者ピーター・クイリン(米)が指名挑戦者マット・コロボフ(ロシア)を迎えて行う4度目の防衛戦の入札が現地時間18日、プエルトリコのWBO本部で行われた。大方の予想を覆し、ロック・ネイション・スポーツが、大手プロモート会社のトップランク社、ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)をおさえて落札した。

コロボフ

 ロック・ネイション・スポーツは有名ラッパーのJay Zが設立した新興スポーツ・マネジメント会社で、ボクシング界では無名の存在ながら入札で他社を圧倒。クイリン擁するGBPが120万7000ドル(1億2450万円)、コロボフのトップランク社が51万5000ドル(5300万円)を提示したのに対し、ロック・ネイション・スポーツは190万480ドル(1億9600万円)と提示額で大きく上回り、現地では「サプライズ」と報じられている。

 ロック・ネイション・スポーツは今後、ボクシングの興行に積極的に参加していく模様。同社初のビッグイベントとなるクイリンvsコロボフは11月上旬、ニューヨークかワシントンDSで開催される見込み。同社は既に両州でプロモート・ライセンスを取得しているという。

Related

関連記事