April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

18°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > デマルコ逆転勝ち、Mジョーンズ再起戦飾れず

デマルコ逆転勝ち、Mジョーンズ再起戦飾れず

2014年8月24日 16時02分

デマルコ逆転勝ちで3連勝(ボクシングニュース)
デマルコ
■元WBC世界ライト級王者のアントニオ・デマルコ(メキシコ)が23日(日本時間24日)、メキシコ・テカテのリングに登場。ラナード・タイラー(米)に初回ダウンを喫する苦しい試合ながら3-0判定勝ちを収めた。スコアは98-92×3。デマルコは12年11月エイドリアン・ブローナー(米)にタイトルを奪われて以降3連勝。

ジョーンズ

■元世界ランカーのマイク・ジョーンズ(米)が23日(日本時間24日)、米アトランティックシティで2年2ヵ月ぶりとなる試合に臨み、ジェイミー・エレラ(米)に7回TKO負け。序盤にダウンを喫し、バッティングの出血も手伝って7回にストップとなった。村田諒太(三迫)のスパーリングパートナーとして来日経験もあるジョーンズは、12年6月ランドール・ベイリー(米)とのIBF世界ウェルター級王座決定戦に敗れて以来のカムバック・ファイト。特筆すべき実績のない12勝7KO2敗のエレラに敗れたのは、やはりブランクの影響か。

■メキシコのホープ、レイ・バルガスが23日(日本時間24日)、メキシコでWBCユースS・バンタム級タイトルマッチに臨み、同胞のダニエル・フェラレス(フィリピン)に2回KO勝ち。デビュー以来の戦績を20勝17KO無敗とした。

Related article
関連記事