June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > GBPのデラホーヤ氏がクロフォードに接近 スペンスとの4団体統一戦実現を猛アピール

GBPのデラホーヤ氏がクロフォードに接近 スペンスとの4団体統一戦実現を猛アピール

2023年1月30日 9時45分

 ゴールデンボーイプロモーションズ(GBP)のオスカー・デラホーヤ氏がWBOウェルター級王者のテレンス・クロフォードに接近。ロサンゼルスの本社にクロフォードを招き、仲間のバーナード・ホプキンス氏を交えた仲の良さそうなスリーショットをSNSに公開した。

手腕が問われるデラホーヤ氏

 SNSには「大きなことを醸造している」としか書かれていなかったが、デラホーヤ氏は28日にイングルウッドで開催したイベントでこの件について言及。「クロフォードはエロール・スペンスJrとのビッグマッチを望んでいる。私は彼にその試合が実現できることを伝えた。ライアン・ガルシアとタンク・デービスの試合がPBCとのビジネスにつながる多くの扉を開くことになる」と説明した。

 GBPは傘下のスター選手ガルシアとPBCと契約するWBAライト級王者デービスとの試合を今春に計画している。WBA&WBC&IBFウェルター級王者スペンスもPBCをベースとしており、自分たちならPBCとの交渉をうまく進められるとアピールしている。

 3階級制覇のクロフォード(39勝35KO無敗)は長年プロモート関係にあったトップランクとけんか別れしてフリーエージェントを宣言。その後、かねて希望していたスペンス(28勝22KO無敗)とのウェルター級頂上対決は契約合意とまで報じられたが交渉は最終的に決裂し、新興プロモーターと1試合契約で12月にデビッド・アバネスヤン(ロシア)と対戦した。

 GBPは28日の試合で勝利した傘下のWBOウェルター級3位アレクシス・ロチャ(米)とクロフォードの相手に用意する意向もある。はたしてデラホーヤ氏は難航し続けてきたクロフォードとスペンスの対戦を実現できるのか。いまのところクロフォードの反応は明らかになっていない。

Related article
関連記事