2014年10月8日水曜日

ソリマンvsテイラー、IBFミドル級タイトルマッチ

 8日(日本時間9日)米ミシシッピ州で行われるIBF世界ミドル級タイトルマッチの計量が7日現地で行われ、王者サム・ソリマン(豪州)が160ポンド(72.57キロ)、挑戦者ジャーメイン・テイラー(米)が159.8ポンド(72.48キロ)で、ともにリミットの160ポンドをクリアした。

 今年5月フェリックス・シュトゥルム(ドイツ)からタイトルを奪ったソリマンはこれが初防衛戦。09年4月にWBC世界S・ミドル級王者カール・フロッチ(英)に敗れて以来の世界戦となる元世界4団体統一ミドル級王者テイラーは、07年にケリー・パブリック(米)に敗れて以来、7年ぶりとなる世界王者復帰を目指す。44勝18KO11敗の40歳王者と、32勝20KO4敗1分の36歳挑戦者によるベテラン対決。

 セミ格の10回戦は、22勝15KO1敗のWBC・S・ミドル級9位アンドレ・ディレール(米)が169ポンド(76.65キロ)、16勝6KO2敗2分のニック・ブリンソン(米)が168.8ポンド(76.56キロ)だった。Photo/BoxingScene.com