0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年10月15日水曜日

11.2東日本新人王決勝、平岡アンディらに注目

 11月2日(日)東京・後楽園ホールで行われる第71回東日本新人王決勝戦の記者会見が15日、都内で開かれ、12階級に出場する選手が顔をそろえた。

 学生服姿で記者会見に臨んだライト級の18歳、平岡アンディ(花形)はデビュー以来5勝3KO無敗のホープ。ガーナでオリンピック強化選手だった父コジョーさんの指導で4歳からボクシングを始め、10歳で花形ジムに通うようになった。

 中学からは「ボクシングのためになる」との理由で陸上部に所属し、全国中学大会で3000メートル6位入賞。横浜高でも国体に出場するなど活躍し、東日本決勝後の11月8日には全国高校駅伝大会の切符をかけた神奈川県大会に出場する予定だ。

 二足のわらじを履くアスリートの平岡だが、高校卒業後は「プロボクサー1本でいく」と決めている。180センチの長身とスピードを生かしたアウトボクシングが最大の強みで、将来の夢は「フロイド・メイウェザーのような世界チャンピオンになること」。接戦を制して勝ち上がってきた中村槙太郎(角海老宝石)と対戦を前に「花形ジムで全日本新人王を獲った選手はいないので、必ず獲ってアピールしたい」とまずは新人王獲得を宣言した。決勝のカードは以下の通り。

◇ミニマム級5回戦
市川雅之(角海老宝石)×久保裕希(セレス)
◇L・フライ級4回戦
大野兼資(帝拳)×小久保聡(三迫)
◇フライ級5回戦
仁平宗忍(ワタナベ)×山下賢哉(古口協栄)
◇S・フライ級5回戦
米永章吾(宮田)×坂田北斗(石神井スポーツ)
◇バンタム級4回戦
児玉堅(竹原&畑山)×高橋竜平(横浜光)
◇S・バンタム級5回戦
玉木善文(小熊)×松戸佑生(青木)
◇フェザー級5回戦
阿部麗也(KG大和)×森屋直人(ワールドS)
◇S・フェザー級5回戦
粕谷雄一郎(石川立川)×頴川裕(RK蒲田)
◇ライト級5回戦
中村槙太郎(角海老宝石)×平岡アンディ(花形)
◇S・ライト級5回戦
木田尚遥(ワタナベ)×片桐康喜(草加有沢)
◇ウェルター級5回戦
玉山将也(帝拳)×松永宏信(横浜光)
◇ミドル級5回戦
初見旭(宮田)×成田永生(八王子中屋)