日本語

Home > ニュース > 亀田和毅、興毅&大毅と公開練習に登場
ニュース

2014年10月30日 木曜日

亀田和毅、興毅&大毅と公開練習に登場

 11月1日(日本時間2日)米シカゴのUICパビリオンで3度目の防衛戦に臨むWBO世界バンタム級王者の亀田和毅が29日、シカゴのオークリー・ファイト・クラブで公開練習を行った。公開練習には和毅のアンダーカードで1年ぶりの試合をする長男の興毅、試合がまだ決まっていない次男の大毅も姿を見せた。

亀田和毅が公開練習(ボクシングニュース)
亀田3兄弟がアメリカに登場

 暫定王者アレハンドロ・エルナンデス(メキシコ)を迎え撃つ和毅は「エルナンデスとは6年前にスパーリングをしているが、あのときから自分も彼も成長した。違うのは自分がいまチャンピオンであるということ。ファンのためにいい試合を見せる」と現地メディアにコメントした。

 対するのエルナンデスも「彼とスパーリングしたころとはスタイルも技術も変わった。私はあらゆるゲームプランに対応する自信がある。持っているものをすべて出し、彼を驚かせることになるだろう」とベルト奪取に意欲を見せた。

 当日のメインはシカゴの本拠地とするWBC・L・ヘビー級6位アンドゼイ・フォンファラ(ポーランド)とドードー・ヌグンベ(仏)のL・ヘビー級10回戦。さらにハビエル・フォルトゥーナ(ドミニカ共和国)vsアブネル・コット(プエルトリコ)のフェザー級10回戦と、和毅の試合を合わせた3試合がショータイムで全米に放映される。

 また、WBOは29日、世界バンタム級タイトルマッチのオフィシャルを発表した。レフェリーはジェナロ“ジノ”ロドリゲス(米)。3ジャッジはウィリアム・ラーク、マイケル・パーニック、デニス・ネルソン(いずれも米)。スーパーバイザーはジョン・ダガン(米)。

 主審のロドリゲスはラスベガスで行われているWBO総会で審判セミナーを担当するなどWBOを代表する看板レフェリー。これまでヘビー級のクリチコ戦をはじめ、多くの世界戦をさばいている。Photo/BoxingScene.com

Related

関連記事