2014年11月8日土曜日

ホプキンスvsコバレフ、あす3団体統一L・ヘビー級戦

 あす8日(日本時間9日)米アトランティックシティのボードウォーク・ホールでゴングとなる3団体統一L・ヘビー級タイトルマッチの計量が7日、現地で行われた。WBAスーパー&IBF同級王者のバーナード・ホプキンス(米)は173.5ポンド(78.69キロ)、WBO同級チャンピオンのセルゲイ・コバレフ(ロシア)は174.5ポンド(79.15キロ)でそれぞれリミットの175ポンド(79.38キロ)をパスした。


 49歳10ヵ月で試合を迎える“エイリアン”ホプキンスが勝てば、もちろん自身の持つ最年長防衛記録更新となり、世界王者として50歳を迎えることが確実。25勝23KO1分無敗の“クラッシャー”コバレフの強打が火を吹くのか、それともホプキンス(55勝32KO6敗)の老かいなテクニックがロシア人を空転させるのか、注目の一番だ。Photo/BoxingScene.com


-->