April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > クエジャール暫定王座防衛、タマヨをストップ

クエジャール暫定王座防衛、タマヨをストップ

2014年12月21日 19時07分

 WBAフェザー級暫定タイトルマッチが20日(日本時間21日)米ワシントン州シェルトンで行われ、暫定王者ヘスス・クエジャール(アルゼンチン)が挑戦者ルーベン・タマヨ(メキシコ)に5回TKO勝ちで3度目の防衛を果たした。

クエジャールが暫定タイトル防衛(ボクシングニュース)
力強いボクシングでタマヨに迫るクエジャール(左)

 サウスポー同士。前回9月の防衛戦で“フアンマ”ロペスを沈めたクエジャールがスタートからアグレッシブに攻め立てリード。身長、リーチで勝るタマヨもパンチをリターンするがクエジャールの手数は衰えない。4回、左右レバー打ちで2度ダウンを奪ったクエジャールが続く5回、またもボディーで倒すと主審がストップをかけた。TKOタイムは1分48秒。

 このタイトルのスーパー王者はノニト・ドネアを破ったニコラス・ウォータース。WBAの“恒例”としてクエジャールが正規王者に昇格、再度暫定王者設定という成り行きも考えられる。Photo/SHOWTIME

Related article
関連記事