March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

5°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 王者井岡「熱くなった」 八重樫と実戦並みスパー 

王者井岡「熱くなった」 八重樫と実戦並みスパー 

2011年5月18日 22時05分


 WBC世界ミニマム級王者井岡一翔(井岡)と日本同級王者(WBC9位)八重樫東(大橋)が実戦並みのスパー対決--関西から東上した井岡が18日夕、横浜の大橋ジムに出向いて実現したもの。
 井岡は東京農大の学生時代に3回ほど八重樫とスパー経験があり、「技術的には八重樫さんの方が上。でも負けたくないし、成長したボクを見てもらいたかった」と意欲的に仕掛けた。試合巧者の八重樫に対し、右をショートからアッパー、フックと多彩に変えて連打。八重樫も負けずに軽い動きから右ストレートをたたきつける。5ラウンドを通じて、互いにベスト・ショットをビシビシ交換し合う緊迫感あふれる攻防が続いた。
「熱くなりました」と強敵とのスパーに燃えた井岡。八重樫も「久々に緊張していいモチベーションを保てた」。こちらは世界再挑戦の機会を待つだけに、こちらもいいスパー経験になったに違いない。井岡について八重樫はアマ時代と比べて「世界チャンピオンのオーラを感じた。パンチも負けずに打ち合うところもプロ仕様になった」とその成長を認めていた。
 井岡は1位フアン・エルナンデス(メキシコ)を相手に今夏初防衛戦を日本国内で行う予定だが、まだ日程は確定していない。明日夜後楽園ホールで予定される「ボクシングの日」のイベントのため上京したもので、世界3階級制覇の亀田興毅とともに、日本プロボクシング協会から特別表彰されることになっている。
 ※スパーを終えた後、揃ってインタビューに答える井岡(右)と八重樫

Related article
関連記事