2015年2月27日金曜日

クアドラス、コンセプシオンと3.28防衛戦

 WBC世界S・フライ級チャンピオンのカルロス・クアドラス(メキシコ=帝拳)が3月28日、メキシコで3度目の防衛戦を行う。相手は元WBA世界フライ級暫定王者で現WBC・S・フライ級シルバー王者(2位)の強打者ルイス・コンセプシオン(パナマ)。軽量級注目の好ファイトが決まった。

 クアドラスは昨年5月にシーサケット・ソールンビサイ(タイ)に負傷判定勝ちでWBCタイトルを獲得。9月のホセ・サルガド(メキシコ)との初防衛戦はこれも4回負傷決着(ドロー)に終わったが、11月にマルビン・マバイト(フィリピン)戦は6回TKOで快勝した。

 コンセプシオンは2009年いオマール・サラド(メキシコ)に最終回TKO勝ちでWBAフライ級暫定王座を奪取。11年にエルナン“タイソン”マルケス(メキシコ)に連敗したが、その後もオディロン・サレタ(メキシコ)、パブロ・カリージョ(パナマ)、ネストール・ナルバエス(亜)ら相手に9連勝中だ。32勝23KO3敗。