日本語

Home > ニュース > ダブル世界戦、明日ゴング!
ニュース

2011年1月30日 日曜日

ダブル世界戦、明日ゴング!

 明日に迫ったダブル世界戦(有明コロシアム)の計量が30日に行われ、出場4選手全員が一発で合格した。
 WBA・S・フェザー級戦はチャンピオン内山高志(ワタナベ)、4位挑戦者三浦隆司(横浜光)ともにリミット58.9キロでパス。WBA・S・バンタム級戦は6位挑戦者下田昭文(帝拳)が55.3キロだったのに比べ、王者・李冽理(横浜光)は55.0キロと少し軽めに仕上げた。
 内山は「いつもと同じ。試合は練習の成果をしっかりと出す場。内山は強い、と言われるような試合をできれば」と語り、「キーポイントは打撃戦。そこでいかに強いパンチをもらわないか」。内山に挑む三浦も初挑戦を前に落ち着いた雰囲気。「パンチもテクニックも超一流」と王者を称えつつ「でも弱点はある」と攻略に自信をのぞかせた。
 李と下田は計量に先立って行われた調印式でカメラの前でにらみ合った。「明日は初防衛を果たして自分の存在をアピールしたい」と李。体重はリミットよりもアンダーだったが、見事なボクシングを披露したプーンサワット戦を超える試合内容を約束した。下田は「自分は何でもいいから勝つ。36分間に人生をそのままかけて」と決意表明。これまで同様、計量前に帝拳ジムで軽く動いた際に「11年間やってきたな」と待ちわびた舞台に思いを馳せたという。
 以下は明日のオフィシャル構成。両試合ともWBAの世界戦ルールが適用され、グローブは日本製8オンスを使用する。
●WBA・S・フェザー級戦/レフェリー=島川威(日本)、ジャッジ=浅尾和信、原田武夫(ともに日本)、ラファエル・ラモス(米)
●WBA・S・バンタム級戦/レフェリー=ラファエル・ラモス(米)、ジャッジ=島川威、原田武夫、ビニー・マーチン(いずれも日本)

Related

関連記事