May
20
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 全日本新人王戦、日テレG+で1月6日録画放映

全日本新人王戦、日テレG+で1月6日録画放映

2010年12月19日 12時51分

 本日午後3時から後楽園ホールで行われる第57回全日本新人王決定戦は、ミニマム級からミドル級まで12階級で、東西のトーナメントを勝ち上がってきたルーキーが激突する。今回はライト級7戦全KOの土屋修平(角海老宝石)対7勝5KO1分の三好祐樹(FUKUOKA)、これも不敗同士のミニマム級元アマ高校4冠王者・原隆二(大橋)対伊藤秀平(真正)のアマ時代以来の再戦が注目されているが、他にも好素材や話題の選手が揃い、近年になく盛り上がりが期待されている。
 このためテレビ放送も、一時は撤退と伝えられた日本テレビの「G+」が急きょ今年もやることに決まり、1月6日夜11時半から3時間半の予定で全階級を録画放映することになった。
※写真は昨18日に行われた計量にパスしてポーズをとるライト級の土屋修平(左)と三好祐樹
Related article
関連記事