0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年5月30日土曜日

リナレスあすロンドンで初防衛戦、賭け率はイーブン

 明日30日(日本時間31日)ロンドンのO2アリーナで挙行される複数世界タイトルマッチの計量が29日行われ、初防衛戦に臨むWBC世界ライト級王者ホルへ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)は1回目、リミット1/4ポンド超の135ポンド1/4を計測したが、約10分後、再度ハカリに乗り、134.1ポンド(60.83キロ)で無事クリアした。相手の挑戦者1位ケビン・ミッチェル(英国)は134ポンド1/4(60.89キロ)だった。

 計量は名リングアナ、マイケル・バッファーの進行で行われ、先にハカリに乗ったミッチェルがパスすると、ファンは大歓声。リナレスが最初オーバーすると、ざわめきが起こった。前日の時点でオフィシャル陣は発表されていない。米国のブックメーカーが出す賭け率は29日現在ほぼイーブンとなっている。

 メインで行われるIBF世界ウェルター級タイトルマッチは、王者ケル・ブルック(英国)が146ポンド1/4(66.34キロ)、挑戦者フランキー・ギャビン(英国)は146ポンド3/4(66.56キロ)でリミット147ポンドをクリア。賭け率は13-1と大きくブルック有利と出ている。

 またIBF世界フェザー級タイトルマッチは王者エフゲニー・グラドビッチ(ロシア)がリミットの126ポンド(57.15キロ)、挑戦者1位リー・セルビー(英国)が125ポンド1/4(56.81キロ)。賭け率は8-3でセルビー有利。一方ロンドン五輪金メダリストのヘビー級アンソニー・ジョシュア(英国)は248ポンド(112.49キロ)、相手のケビン・ジョンソン(米)は225ポンド(102.06キロ)だった。Photos/BoxingScene.com