2015年6月8日月曜日

山中慎介の切手売れ行き好調、月間賞MVPなし

■WBC世界バンタム級王者でリング誌が選ぶパウンド・フォー・パウンド10傑にも選ばれた山中慎介(帝拳)のオリジナルフレーム切手「山中慎介~神の左~」が1日から日本郵便株式会社近畿支社で販売されている。切手シートは82円切手が10枚入ったもので、シート単位での販売(1230円)で限定2000部。山中の出身地である滋賀県内の郵便局と、大阪市中央区の北浜東郵便局で販売されているが、同支社によると、既に売り切れた郵便局も出ているなど売れ行きは好調とのこと。

■東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は5月の月間三賞を発表。MVPは該当者なし。敢闘賞には2日にOPBF・S・フェザー級8位さくら淳(横浜さくら)を5回TKOで下した元ランカーの高畑里望(ドリーム)が選ばれた。新鋭賞は松永宏信(横浜光)。昨年の全日本ミドル級新人王で、日本S・ウェルター級6位の成田永生(八王子中屋)に判定勝ちした。

■「関門ドラマティックファイトvol.8」が7日、山口県下関市の海峡メッセ下関で行われ、メインのライト級10回戦はOPBF同級13位のアクセル住吉(関門JAPAN)が同級12位レオナルド・ドロニオ(比)に3-0判定でランカー対決に勝利。また元OPBF・S・バンタム級王者、仲里繁ナカザトジム会長の息子、仲里周磨(ナカザト)がプロ2戦目(西部日本フェザー級新人王戦)に3回KO勝ちした。