日本語

Home > ニュース > 赤穂亮 WBOバンタム級王座決定戦、8.7バンコク
ニュース

2015年6月20日 土曜日

赤穂亮 WBOバンタム級王座決定戦、8.7バンコク

赤穂亮、8.7WBOバンタム級王座決定戦(ボクシングニュース)
赤穂亮(左)とプンルアン
 WBOバンタム級1位の赤穂亮(横浜光)が8月7日、タイ・バンコクで同級2位プンルアン・ソーシンユー(タイ)とWBO同級王座決定戦を行うことが決まった。赤穂はフィリピンのALAプロモーションと契約しており、石井一太郎会長が今週フィリピンに渡り、正式に契約に合意した。

 決定戦は前王者・亀田和毅のタイトル返上によるもの。元OPBF・S・フライ級王者の赤穂は2012年大みそか、WBC世界S・フライ級王者だった佐藤洋太に世界初挑戦して判定負け。以後バンタム級にクラスを上げて7連勝し、2度目の世界タイトルマッチのチャンスを手にした。今後は国内で調整し、悲願の世界獲りに備える。戦績は26勝18KO1敗。

 50勝34KO1敗のプンルアンは12年にAJバナル(フィリピン)との王座決定戦を制してWBO同級王座を獲得し、初防衛戦でパウルス・アンブンダ(ナミビア)に判定負けして王座陥落。14年7月にアンブンダからタイトルを獲得した和毅に挑戦して7回KOで敗れた。今回は王座返り咲きを狙う。

Related

関連記事