February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

9°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ラミレス完封勝利、マグダレノ&ファルカンTKO勝ち

ラミレス完封勝利、マグダレノ&ファルカンTKO勝ち

2015年6月27日 15時33分

 26日(日本時間27日)米テキサス州ヒダルゴのステートファーム・アリーナで挙行されたS・ミドル級10回戦はWBC&WBO2位、WBA&IBF3位を占めるヒルベルト“スルド”ラミレス(メキシコ)がWBC9位デレク・エドワーズ(米)に大差の判定勝ち。ラミレス(32勝24KO無敗)はWBOインターナショナルS・ミドル級王座を防衛した。

全勝をキープした王者候補ラミレス(左)

 身長、リーチで勝るラミレスがコンビネーションブローを浴びせてリード。4回、ピンチに陥ったエドワーズだが、中盤以降、ハートを誇示して耐え抜き、終了ゴングにこぎ着けた。スコアは3ジャッジとも100-90でラミレスの完勝。エドワーズは27勝14KO5敗1分。

マグダレノ(右)も快勝した

 同じリングのWBOインターナショナル・ライト級王座決定戦はWBO5位ディエゴ・マグダレノ(米)が同3位ホセ“チェオ”ゴンサレス(プエルトリコ)に7回2分43秒TKO勝利。ボディー打ちで倒れたゴンサレスに、主審は低打と判断したが、ゴンサレスが続行の意思を示さずマグダレノがストップ勝ち。

 またロンドン五輪銀メダルのエスキバ・ファルカン(ブラジル)がミドル級8回戦でアーロン・ドラーク(米)に4回TKO勝ち。10勝7KO無敗。Photos/Top Rank

Related article
関連記事