日本語

Home > ニュース > 31日フアレスと対戦 リナレスが渡米
ニュース

2010年7月22日 木曜日

31日フアレスと対戦 リナレスが渡米

 今月末にラスベガスで強豪ロッキー・フアレス(米)との重要試合に臨む元世界フェザー、S・フェザー両級世界チャンピオン、ホルヘ・リナレス(帝拳)が21日夕、成田空港から元気に渡米した。田中繊大トレーナーの他、東洋太平洋フェザー級王者松田直樹、弟ノカルロス・リナレスが同行している。=写真は成田空港の”チーム・リナレス”=
 31日(日本時間8月1日)同地で対戦するフアレスは、シドニー五輪銀メダリストで元アマの世界王者。プロでも5度の世界戦を経験し、勝つことはできなかったものの、多くは接戦を演じている。しっかりした技術を持ち、特にガードの堅いフアレスを崩すのは簡単ではなさそう。それでもリナレス自身は「今回は左のスピード・ジャブでプレッシャーかける。相手の左がいいので気をつける。でも、チャンスがあったらKOするよ」と例によって強気のコメント。田中トレーナーも「相手は右が強く、パンチを合わせてくる。でも、ホルヘの距離でボクシングできれば、大丈夫」とリナレスに期待している。
 本田会長によると、リナレスはこの試合の後、10月に日本で世界ランカーと対戦した上で、来年初めにも王座奪還を狙って現WBA世界S・フェザー級王者内山高志に挑戦――という計画という。
 試合の模様は日本時間8月2日のWOWOWエキサイトマッチで録画放映される。

Related

関連記事